<< 丹波篠山 北欧のファブリックパネル >>

一生物のカレンダー

e0133279_1334361.jpg

あけましておめでとうございます。
大阪の山間部はぐっと冷え込み、雪のお正月になりました♪
忙しい日々の合間に細々と更新するブログですが、本年もよろしくお願いいたします。

e0133279_13345656.jpg

さて、年を明けてから記事にすることではないかもしれませんが、昨年末にカレンダーを買いました。「北の住まい設計社」の木製カレンダーです。

実は今まで、どうしても気に入ったカレンダーを見つけることができず、結婚以来ずっと卓上カレンダーだけで過ごしてきました。
広告の入ったものは掛けたくないし、購入したものでも壁にピンで留めるとインテリア性はゼロ。
少し不便に感じつつもあきらめていました。

・・・が、やっと出会いました。ぜひ我が家の壁へ!と思えるカレンダーに。
私が勝手に拝見させて頂いている大好きなブロガー、kakoさんがご自身のブログで紹介されていたのに一目惚れ。
それも北海道に本社のある「北の住まい設計社」のものだと知って、本当に嬉しかったです。
本社のショールームにも足を運んだことがあり、大好きなお店だったので。

今回は初めて大阪店に行って購入しましたが、お店はとても暖かな雰囲気で、まるで北海道の森の中に建てられたおうちの中のように感じました。

e0133279_13352097.jpg

e0133279_1356150.jpg

あまりにも気に入ってしまったので、1Fにはアクセントウォールのベージュと、同系色の木製時計に合わせてメープル材を、2Fは床や本棚の色と合わせてウォルナット材を、と贅沢に2つも購入してしまいました。

ずっしりと重みのある、上質な天然木で作られたシンプルな板にカレンダーを挟み込むタイプで、毎年リフィルを変えれば一生使えます。
まるでインテリア家具のように存在感のあるカレンダー。良い出会いでした。


↓北欧インテリア&住まいのランキングによろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
[PR]
by barefoot-zoe | 2009-01-03 13:59 | インテリア・家具
<< 丹波篠山 北欧のファブリックパネル >>