<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

間取り

本当は間取り図を写真に撮ってお見せしたいところですが、プライバベートなことですし公開する勇気もないので遊びに来ていただいた方へのお楽しみ・・・ということで。

【1F:70.25㎡】

玄関-小さなホールと玄関収納のみで廊下はありません。高さは身長よりも低いですが階段下に土間収納もあります。

仕事部屋7.1帖-玄関と、家の西側にあるお庭から直接入れるようにしました。庭側の入り口はガレージのすぐ横なので荷物の搬入が楽々。庭の緑を眺めながら仕事ができます。

LDK21.7帖-9.5m×4mの長ーい長方形。庭側にリビングスペース、真ん中にダイニング、東側にカウンター対面キッチンと、デッドスペースがなく有効活用できていると思います。
ダイニングの上は大きな吹き抜け。LDKの収納はキッチンを除きクロークのみで、帰宅してすぐにコートを掛けバッグをしまうことができます。

サニタリー-ダイニング横の扉を出ると階段とサニタリールームへ続くホール。ここに日用品をしまう収納があります。洗面所横に勝手口があり、物干し場にすぐ出られます。

【2F:62.00㎡】

ファミリースペース約8帖-階段を上ると約3.5帖のファミリースペースがあり、そこから吹き抜けを見下ろす感じなのでそれだけでも十分開放的なフロアなのですが、東側の4.7帖の部屋と一体化させて更に広々させました。
隅にはPCが3台置かれるであろう、書斎スペース。ダンナさまの滞在時間が一番長い場所です。本棚やカウチも置いて、くつろげる趣味の部屋になることでしょう。
階段横にはセカンドトイレも付けました。

主寝室8.5帖-リビングの真上、この家で一番眺めの良い西側の場所にあります。2Fなのに掃き出し窓と同じサイズの床までの窓を入れました。(もちろん下半分はFIXです(笑))
全く必要ないと思っていたバルコニーも布団干しのためだけに南側に設置しました。全ての部屋のお布団を1Fに持って下りて干すのは大変ですから・・・。

将来の子供部屋5.5帖-南と東に窓のある、明るい部屋。

ゲストルーム6帖-シングルベッドを2台置いて、いつでも誰かがお泊りできるようにしておくつもりです。布団や衣類を収納できる押入れタイプのクローゼットがあるので、季節のものなどはここにしまいます。


間取りの詳細は以上です。文章ばかりで読みにくいでしょうか。
内装や外観などはできる限り写真をアップしていきたいと思っています。
[PR]
by barefoot-zoe | 2008-02-29 23:07 | 家づくり~完成まで

こだわり

家を設計していただくのに私たちが出した条件と結果を紹介します。

【リビングに吹き抜け】-冷暖房の効率などで賛否両論の吹き抜けですが、2Fとの一体感を出したかったので私としては第一条件でした。3m×3mの大きな吹き抜けが2Fのひろーいファミリースペースとつながります。

【LDKは20帖以上】-今の家が約20帖なのでそれより小さくなるのはイヤだったんです。縦に長い、広々した21.7帖のLDKになりました。

【リビング階段】-LDK内にすると狭くなるため、実際は玄関→リビング→ホール階段の形にしました。

【1Fに8帖くらいの作業場】-ダンナさまの仕事部屋です。小さな機械の組み立てが仕事なので、打ち合わせなどで必要な時以外は出勤せずにおこもり状態で仕事ができます。おうち大好きな彼にとっては嬉しい様子。

【広めのお庭】-これは土地が広めなので難なくクリアしました。家庭菜園もBBQもおまかせ。キャンプもできるかも!?

【太陽光発電】-200万円近いUPになりましたが、これは譲れません。地球に優しい上、電気代タダ+αなんて!でもオール電化はイヤなのでエコウィルも入れました。

【木造住宅】-丈夫な鉄骨もいいですが、あらわし梁の雰囲気などを考えて迷うことなく木造を選びました。やっぱり家は木でできてないと。

以上がおおまかな希望です。
私たちが家の条件を出し、数日後に設計担当の方が作ってくださった図面はほぼパーフェクト。動線もよく使い易い間取りで大満足です。さすが営業担当Nさんが「うちの設計担当はいいですよ~」と自信を持っていらしただけあります。

ただ、外観は切妻屋根の四角い家でちょっと面白みがない・・・。基礎工事の値段をぐっと抑えられるところなのでここは妥協して外壁のセンスでカバーします!
[PR]
by barefoot-zoe | 2008-02-28 10:36 | 家づくり~完成まで

営業担当さん

我が家を担当して下さるのはNさん。ものすごく可愛いらしい20代の女性ですが、しっかりしていてよく仕事のできる、頼りになる方です。

ひやかしで土地を見に行った私たちをニコニコと迎えて下さり、買う気はないと言いながらモデルハウスを何軒も見て回るそばで控えめに付き添って頂いて、結局は「アンケートとか絶対に書かない」と思っていたのに自然な流れで気軽に記入してしまう始末。彼女の人柄がなせる業ですね。

彼女が担当についていなければ家を購入していなかったかもしれない、といっても決して過言ではありません。それほど感じのいい方だったんです。
今ではすっかり私の好みも把握されていて、打ち合わせもかなりスムースです。

一度彼女がいない時に、代わりに説明して下さった若い男性の営業マンもとても好青年でしたし、Nさんの上司の方から頂いた「契約に対するお礼状」も本当に信頼できる文章でしたので、積水ハウスの社風がいいのかもしれません。
[PR]
by barefoot-zoe | 2008-02-27 10:06 | 家づくり~完成まで

ハウスメーカー

購入した土地は建築条件付きです。なので迷うことも比較することもできず「積水ハウス」に決定。

購入前は一生ものの家を建てるのに、建築会社の選択肢がないのはどうだろう・・・と、建築条件付きということにかなり尻込みしていたので、色んな建築会社をネットで調べまくりました。

うちは全てのことにおいて機能重視でものを選んでいるので、希望したのは冬は暖かく夏は涼しくすごせること、腕の良い大工さんに施工してもらえること、シンプルなデザインで質の良い材料を使用していること、そして営業担当さんがしっかりしていることなどが絶対条件です。

凝ったデザインや奇抜さは全く重視していないので、建築家に頼むのは却下。安くあげるには工務店でお願いするのが良さそうですが、外観や内装の感じがどこも趣味に合わず、住宅の性能も大工さんの腕次第で仕上がりに大きく差が出るため、よほど信頼できないとお願いできそうにありません。

ハウスメーカーのみで調べたところ、良い評判は積水ハウスがダントツに多かった気がします。実家と弟夫婦の家が大手HM2社でそれぞれ建てており、大きな不具合や設計ミスを目の当たりにしてるのでその2社は避けたかったし、デザインも住宅性能もいいけどとにかく高い!というメーカーもありました。

そんな中、積水ハウスは“少し高いけどそれ以上の満足度の方が大きい”という印象を受けたので、ここなら任せても大丈夫だろうと納得して購入を決断したのでした。
[PR]
by barefoot-zoe | 2008-02-26 09:08 | 家づくり~完成まで

NZ-5・6・7・8日目

両親と別れ、北島のオークランドから南島のクィーンズタウンまで空路で移動。
大好きなトレッキングをするために、山へ入ります。

e0133279_0135146.jpgルートバーントラックという通常は2泊3日で山を縦断するコースですが、日程の都合上同じ場所へ戻ってこなくてはならないので、1つのハット(小屋)に2泊して頂上を目指し、引き返すルートにしました。比較的簡単なコースで、山岳や湖、滝、川、ブナ林と景色の変化が多いので楽しめます。


e0133279_0204760.jpgこのコースを歩くのは2度目。今回泊まるルートバーンフォールズハットは正面が美しい滝、背後は山岳の素晴らしい眺望の贅沢な山小屋です。個人的にはNZのハットの中でここが一番好きです。
頂上のコニカルヒルまでの最後40分は急な上り。普段とは全く違う筋肉を使うので少々キツかった。でも頂上からの眺めで疲れは一気に吹き飛びます。



e0133279_0182460.jpg夜はこのルートでトレッキングガイドをしている友人と、たまたま日程が重なって会うことができ、彼女が持ち込んでくれたワインで2年半ぶりの再会に乾杯。トレッキングの荷物は極力軽くするのが基本なので、ハットでアルコールが飲めるなんて夢のようです。

友人の紹介でワーデンさん(小屋の管理人)専用のハットにも入れてもらうことができ、貴重な体験をしました。各国の言語でルートバーンの魅力を紹介する大きなフラッグに、日本人代表でメッセージを残してきました。
[PR]
by barefoot-zoe | 2008-02-20 23:25 | 旅・海外

NZ-2・3・4日目

オークランドから北へ車で3時間のリゾート地、パイヒアへ2泊3日の旅。ここは海辺に開けた気持ちのいい町で毎回訪れています。イルカと泳ぐツアーやジェットボートなど楽しいアクティビティーはいっぱいあるのですが、いつも主な目的は釣り。磯から鯛や鯖の大物が狙えるので夢中です。

e0133279_2353479.jpgほぼ入れ食い状態で掛かるのですが、乱獲を防ぐためか魚の種類により規定サイズ以下はリリースしなければならないルールになっています。

釣果は2日間で鯛5匹に鯖2匹。キッチン付きのモーテルでお刺身と鯛のお頭付きランチを楽しみました。


e0133279_2365765.jpgそれ以外の時間は宿のテラスでビールを呑みながらのんびり読書。コクがあって苦味の少ないスペイツゴールドという銘柄のブラウンビールがお気に入り。

NZは全国にキッチン付きのMOTELがたくさんあり、クォリティーが★で評価されているので泊まったことのないMOTELでも★の数を目安に気軽に予約できます。


e0133279_2383738.jpg私たちはいつも4つ★以上に泊まりますがホテルより安い上にピカピカのキッチン、リビングは眺望抜群、ベッドルームのインテリアも素敵…と言うことなし。

パイヒアでは朝から晩まで鯛、鯖、カキ、フィッシュ&チップスなど、新鮮なシーフードを思う存分堪能できました。
[PR]
by barefoot-zoe | 2008-02-17 22:42 | 旅・海外

NZ-1日目

私たちの楽しみは飛行機に乗る前から。
昨年、ダンナさまが苦労してANAの上級会員になってくれたおかげで、スターアライアンスグループのラウンジが使い放題なんです。

ゆったり配置されたソファでビールや焼酎、軽食などが全て無料で楽しめます。
関西-NZ間はJALとの共同運航便なのでサクララウンジが利用できました。

e0133279_22362036.jpg夕方ニュージーランド航空で関空を出ると、直行だと約11時間で翌朝オークランドに着きます。クライストチャーチ経由だったのでここでもトランジットラウンジで1時間ほど休憩。センスのいいアースカラーでまとめられた、落ち着いたラウンジです。朝食ブッフェのサービスがありました。

旅の前半は私の両親も一緒なので、父の希望で初日はオークランドのエラズリー競馬場へ。
NZの競馬はイギリス競馬を受け継いでいるのでちょっとハイソサエティー。1Fの芝生では家族連れがピクニック感覚で遊び、上階にはスマートな格好の紳士淑女が食事をしながらレースを見られるレストランがあります。それでも雰囲気はとってもカジュアルなので誰でも気軽に利用できます。

宿泊はいつもオークランドのシンボル、スカイタワーに隣接するスカイシティホテル。ホテル内にカジノ・展望台・バンジージャンプなど遊べる施設が充実しており、街の中心なのでとっても便利なホテルなんです。

2Fにある中華料理レストラン「ミンコート」はリーズナブルですごく美味しいので必ず1回は行くお店。オークランドはパシフィックリム(NZ料理)はもちろん、アジア料理の美味しいお店もとても多い街です。
[PR]
by barefoot-zoe | 2008-02-16 22:27 | 旅・海外

ウキウキ♪

明日からニュージーランドの旅です。
私の会社は長期休暇を快く取らせてもらえるので、日程は10日間!

ニュージーランドは数年前に私もダンナさまも少しの間住んでいたので、勝手知ったる懐かしの場所。今回で6度目になります。

都会も田舎も美しい風景、ハイクォリティーなレストラン、とびっきり美味なビールとワイン、居心地の良い宿、釣りにゴルフにクルージング・・・数え上げればキリがないほど魅力満載の国なんです。

リゾート地でのんびりして、2年半ぶりの友人と再会し、大好きなトレッキングも3日間する予定。海と山の大自然に囲まれ、美味しい空気をいっぱいチャージして戻ってくることでしょう。

帰ってきたら報告します。
[PR]
by barefoot-zoe | 2008-02-14 23:28 | 旅・海外

プチ断食

週末を利用して「プチ断食」に挑戦しました。

ここ数年で10kg近く増えた体重を戻そうと週3日ジョギングを始めたけれど、体脂肪は落ちても体重はなかなか落ちない・・・。なんでだろうと思っていたところ、ある雑誌に
脂肪の付いた人が運動をしても、脂肪の上に筋肉が付き霜降り状態になるだけ
との記事が。

なるほど、体重が落ちないわけですね。ただでさえ筋肉が増えたら重くなるのに。
というわけで、一度食事療法で脂肪をリセット・・・結果は1日で-1.5kg!水分は黒豆茶とお水をたくさん飲みました。ごはんを控えても減らないし、少々食べ過ぎても増えない私の体重がきちんと落ちましたよ。

1度空腹の波を乗り越えてしまえば全然辛くないし、翌日もなんだか物を口にするのがもったいなくて、夕方まで我慢してしまいました。簡単に意識が変えられちゃうんですね。断食終了後3日目の今日も1日の摂取カロリーを1000キロカロリー程度に抑えて頑張ってます。目標は2ヶ月で-5kg。ものすごく意思の弱い私がチャレンジできたのだから、きっと誰でも大丈夫。ぜひ試してみて欲しいダイエット方法です。
[PR]
by barefoot-zoe | 2008-02-13 23:37 | 日々の暮らし

衝動買い

突然ですが、家(土地)を買いました。
以前からブログをやってみたいと思っていたので、ネタができたことをきっかけにこのブログを立ち上げます。まずは購入までの経緯から。

昨年11月某日、ダンナさまと一緒にうちから車で20分ほどの場所にある分譲地をふらっと訪れました。四方を山に囲まれた大自然と、便利な商業都市へ15分で出られることをウリにしたその分譲地は「田舎で暮らしたい、でも仕事は変えられない」という私たちの希望をほぼ叶えられる場所でした。

ただ、現在の我が家は築30年のマンションをピカピカにリフォームした広々2LDKで、ダンナさまの職場まで徒歩5分、向かいがスーパー、駅まで徒歩8分、空港まで車で15分というとても便利な場所なので不満はほとんどありません。もちろん引越すつもりも全くありませんでした。

その後も何度か訪れたものの購入する決心はつかないまま、年明けに土地と家の分譲を担当しているNさんより電話が・・・「3方角地で一方が見晴らしの良い土地にキャンセルが出たので一度見に来ませんか」とのこと。1週間考えた後見に行き、その翌日また1日中考えてやっぱり購入することにしました。

決定してからは今までの迷いはどこへやら、環境が良く広い庭付き一戸建てに住める嬉しさしかなく、注文住宅なので間取り決めやら打ち合わせやらこれからも楽しみがいっぱいです。
[PR]
by barefoot-zoe | 2008-02-11 15:20 | ごあいさつ